資料館生薬データベース

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
生薬名

入手時名称紅参
正式名称紅参
日本語読みこうじん, Kojin
現地読みhongshen, renshen
ラテン名Ginseng Radix Rubra, Ginseng Radix
英語名Red Ginseng
原植物名Panax ginseng C. A. Meyer, オタネニンジン, Ginseng
原植物科名Araliaceae, ウコギ科
薬用部位分類植物性生薬
細分類
入手先情報香港
入手年月日1979/00/00
蒐集者難波恒雄
TMPW No4

学術情報データベース

一般生薬名紅参, hongshen,Ginseng Radix Rubra, Red Ginseng
生薬画像
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
原植物名Panax ginseng C. A. Meyer, オタネニンジン
原植物画像
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
原植物科名Araliaceae, ウコギ科
薬用部位
選品よく肥大し充実したものが良い.中に鬆が通ったものは劣品である(TN).
公定書日局17,薬典(2015)
医学体系中国医学
伝統医学的薬効分類補気薬
薬効[性味] 甘、微苦,温.
[帰経] 脾、肺、心、腎経.
[効能] 大補元気,復脈固脱,益気摂血.
[主治] 体虚欲脱,肢冷脈微,気不摂血,崩漏下血に用いる.
成分情報その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds
(*C1):
Panaxynol, Panaxydol, Heptadece-1-en-4,6-diyn-3,9-diol

単糖類 Monosaccharides
(*C1):
D-Glucose, D-Fructose

少糖類 Oligosaccharides
(*C1):
Trisaccharide A, Trisaccharide B, Trisaccharide C

セスキテルペノイド Sesquiterpenoids
(*C1):
Panacene, beta-Elemene

トリテルペン系サポニン Triterpenoid saponins
(*C1):
Ginsenoside R0, Ginsenoside Ra1, Ginsenoside Ra2, Ginsenoside Rb1, Ginsenoside Rb2, Ginsenoside Rb3, Ginsenoside Rc, Ginsenoside Rd, Ginsenoside Re, Ginsenoside Rf, Ginsenoside Rg1, Ginsenoside Rg2, Ginsenoside Rh, Oleanolic acid, (20S)-Protopanaxadiol, (20S)-Protopanaxatriol

ステロール Sterols
(*C1):
beta-Sitosterol, beta-Sitosteryl-glucoside

簡単な含窒素化合物 Simple nitrogen containing compounds
(*C1):
Choline

その他 Other
(*C1):
Vitamin B群

成分 構造式




※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
DNA配列18SrRNA:D83275,matK:D89057,ITS:U41680,U41681,U41682,AB043871,AB043872; 伝統医薬データベース.
証類本草(中国古典)※画像をクリックすると本文の画像が表示されます
適応症元気が無い, 四肢の冷え, 疲れやすい, 食欲不振, 泥状水様便, 内臓下垂, 子宮下垂, 脱肛, 下痢, 呼吸困難, 咳嗽, 息切れ, 高熱, 口渇, 自汗, 多汗, 多尿, 不安感, 不眠, 動悸, 健忘
方剤希有処方に配合
参考文献C1)和漢薬百科図鑑 Vol. I, pp 1-3.
備考細根をつけたまま蒸し上げ乾燥したもの(日本産紅参)と,細根を除去し乾燥し圧したもの(北鮮,韓国産紅参)とがある.中国では比較的長い分枝根を付けてかこうしたものを「辺条紅参」,細根を除去して加工したものを「紅参須」と称する.
更新日2018/03/24