資料館生薬データベース

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
生薬名

入手時名称南方山楂
正式名称山楂子,山楂
日本語読みさんざし, Sanzashiさんざ, Sanza
現地読みNanfang Shanzha
ラテン名Crataegi Fructus (JP), (CP)
英語名Crataegus Fruit (JP), Hawthorn Fruit (CP)
原植物名Crataegus pinnatifida Bunge var. major N.E.Brown, オオミサンザシ, Hawthorn
原植物科名Rosaceae, バラ科
薬用部位分類植物性生薬
細分類果実
入手先情報中華人民共和国, 吉林省長春, 中医中薬研究所
入手年月日1993/10/09
蒐集者難波恒雄
同定者小松かつ子, 他
TMPW No13088

首都、省都または行政区域代表地点(都道府県庁所在地など)を表示しています。  
産地情報
https://ethmed.toyama-wakan.net/img/pin_san.png
43.817071
125.32354399999997
入手先情報
中華人民共和国,吉林省長春
https://ethmed.toyama-wakan.net/img/pin_nyu.png

学術情報データベース

一般生薬名山楂子(山査子), Shanzhazi, Shanzha, Crataegi Fructus (JP18, CP2020), Crataegus Fruit (JP18), Hawthorn Fruit (CP2020)
生薬異名山楂肉
生薬画像
More
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
原植物名Crataegus cuneata Siebold et Zuccarini1, Crataegus pinnatifida Bunge var. major N.E. Brown2, サンザシ1, オオミサンザシ2
原植物画像
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
原植物科名Rosaceae, バラ科
薬用部位偽果
選品大粒で赤色を呈しているものが良いとされる(NI).
公定書局外(1989), 薬典(2020), 日局18
臨床応用消化,止瀉,駆瘀血薬として,消化不良,飲食積滞,腹痛,下痢,疝気,月経痛,産後の悪阻,高脂血症などに応用する.また,小児の腹中腫塊,発熱,ひきつけ,腹膜炎などにも用いる.
医学体系中国医学
伝統医学的薬効分類消食薬
薬効[性味] 酸、甘,徽温.
[帰経] 脾、胃、肝経.
[効能] 消食健胃,行気散瘀,化濁降脂.
[主治] 肉食積滞,胃脘脹満,瀉痢腹痛,瘀血経閉,産後瘀阻,心腹刺痛,胸痺心痛,疝気疼痛,高脂血症に用いる.
成分情報その他の脂肪族関連化合物 Other aliphatic and related compounds
(*C1):
Tartaric acid

トリテルペノイド Triterpenoids
(*C1):
Ursolic acid

フェニルプロパノイド Phenylpropanoids
(*C1):
Chlorogenic acid

フラボンとフラボノール Flavones & Flavonols
(*C1):
Quercetin

タンニン Tannins
(*C2):
(-)-Epicatechin 3-O-gallate, (-)-Epicatechin, Gallic acid, Pyrogallol, 1-(3',4'-Dihydroxyphenyl)-3-(2",4"6"-trihydroxyphenyl)propan-2-ol, 1-(3'-Hydroxyphenyl)-3-(2",4",6"-trihydroxyphenyl)propan-2-ol, 5-(3',4'-Dihydroxyphenyl)gamma-valerolactone, 5-(3'-Hydroxyphenyl)gamma-valerolactone, 5-(3',4'-Dihydroxyphenyl)valeric acid, 5-(3'-Hydroxyphenyl)valeric acid, (3',4'-Dihydroxyphenyl)propionic acid, (3'-Hydroxyphenyl)propionic acid, 5-(3'-Methoxyphenyl)valeric acid, 2",3"-Dihydroxyphenoxyl 3-(3',4'-dihydroxyphenyl)propionate, (+)-Catechin, (-)-Epigallocatechin, (-)-Epigallocatechin gallate, 1-(3',4'-Dihydroxyphenyl)-3-(2",4",6"-trihydroxyphenyl)propan-2-ol, 1-(3'-Hydroxyphenyl)-3-(2",4",6"-trihydroxyphenyl)propan-2-ol

ペプチド Peptide
(*C1):
脂肪分解酵素 / lipolytic enzyme

青酸化合物 Cyanogenic compounds
(*C1):
Amygdalin

成分 構造式



※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
薬理作用胃液分泌促進.抗菌(赤痢菌).
DNA配列U06799, U16190
証類本草(中国古典)※画像をクリックすると本文の画像が表示されます
適応症腹満, 腹痛, 下痢, 悪露の停滞, 月経痛, 産後瘀阻, 下腹痛, 麻疹, 細菌性下痢
方剤啓脾湯, 烏苓通気湯, 加減胃苓湯, 玉穂湯
広恵済急方(日本古典) 

Tips!

6. 諸物中毒: 諸毒にあたる類
└ 6-4. 中魚介禽獣肉毒
: 魚介、禽獣類の肉、他諸毒にあたる
 └ 中諸魚毒: 諸々の魚毒に中(あた)りたる
【用法】山査子を刻、水に煎じ服す <下巻56丁>
 └ 中狗肉毒: 狗肉(いぬのにく)の毒に中(あたり)たる
【用法】急に杏仁一二合皮を去て、研りぶるし、水を入れ和匂(まぜ)て、滓を去て汁を服すべし、血片(こりたるち)下りて癒ゆ、或は山査子を加えて煎じ服す、亦よし、或は杏仁一味煎服してよし <下巻59丁>
関連情報新訂和漢薬
同類生薬セイヨウサンザシ葉及び花,山楂肉
参考文献JP18: 第18改正日本薬局方.
CP2020: 中華人民共和国薬典 (2020年版) .
C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. I, pp 196-197.
C2) Chem.Pharm.Bull.,45,888(1997).
L1) 官準 広恵済急方
L2) 近世歴史資料集成第2期 (第9巻) 民間治療(2)
L3) 新訂 和漢薬
備考- 中国ではサンザシの果実を「南山楂」,オオサンザシとオオミサンザシ等の果実を「北山楂」と称す.『日局』ではサンザシ及びオオミサンザシ,『薬典』ではオオミサンザシ及びオオサンザシが規定される.なお,オオサンザシ C. pinnatifida には多くの栽培品種(食用)がある.
- ヨーロッパではセイヨウサンザシ[C. monogyna Jacq., C. laevigata (Poiret) DC.: 日本では両者を区別せず,セイヨウサンザシと呼ぶ]の葉及び花の主としてエキスを強心,降圧,強壮薬として,冠状動脈疾患,動脈硬化症,老人疾患などに応用する.セイヨウサンザシの果実も同様に用いる.
更新日2021/09/27