資料館生薬データベース

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
生薬名

入手時名称菖蒲
正式名称菖蒲
日本語読みしょうぶ, Shōbu
現地読みChangpu
ラテン名Acori Calami Rhizoma (CP), Acori Rhizoma, Calami Rhizoma
英語名Tibet Sweetflag Rhizome (CP), Sweet Flag Rhizome, Acorus Rhizome
別名Shu-dag dKar-po
原植物名Acorus calamus L., ショウブ
原植物科名Araceae, サトイモ科
薬用部位分類植物性生薬
細分類根茎
入手先情報中華人民共和国, 青海省西寧, 青海省蔵薬薬材経銷行
入手年月日1993/07/22
蒐集者難波恒雄, 他
TMPW No13101

首都、省都または行政区域代表地点(都道府県庁所在地など)を表示しています。  
産地情報
https://ethmed.toyama-wakan.net/img/pin_san.png
36.617134
101.77822300000003
入手先情報
中華人民共和国,青海省西寧
https://ethmed.toyama-wakan.net/img/pin_nyu.png

学術情報データベース

一般生薬名菖蒲, Changpu, Acori Calami Rhizoma (CP2020), Tibet Sweetflag Rhizome (CP2020)
生薬異名菖蒲根,水菖蒲,蔵菖蒲
生薬画像
More
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
原植物名Acorus calamus Linn. (= Acorus calamus Linn. var. asiaticus Pers.), ショウブ
原植物画像
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
原植物科名Araceae, サトイモ科
薬用部位根茎
公定書薬典(2020)
臨床応用芳香性健胃薬(悪心,嘔吐を催すので余り用いない).民間的に根茎及び葉を浴湯料とする.
医学体系中国医学
伝統医学的薬効分類開竅薬
薬効[性味] 苦、辛,温、燥、鋭.
[効能] 温胃,消炎,止痛.
[主治] 補胃陽,消化不良,食物積滞,白喉,炭疽等に用いる.
成分情報脂肪酸 Fatty acids
A calamus (*C1):
n-Heptylic acid

セスキテルペノイド Sesquiterpenoids
A calamus (*C1):
Calameone, Isocalamendiol, Acorone, Acoronene

フェニルプロパノイド Phenylpropanoids
A calamus (*C1):
Methyleugenol, Eugenol, beta-Asarone, gamma-Asarone,

その他の芳香族誘導体 Other aromatic derivatives
A calamus (*C1):
Asarylaldehyde

成分 構造式



※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
薬理作用抗菌(皮膚真菌),鎮静作用(asarone)
DNA配列AF209786, AB040154, D28865, L24078
証類本草(中国古典)※画像をクリックすると本文の画像が表示されます  訳文画像を表示
適応症食欲不振, 腹満, 腹痛, 下痢
方剤民間薬とされる
同類生薬石菖蒲,石菖根,Vacha(アーユルヴェーダ),Shu-dag (チベット医学)
参考文献CP2020: 中華人民共和国薬典 (2020年版) .
C1)和漢薬百科図鑑 Vol. I, pp 145-146.
備考ショウブは端午の節句にヨモギとともに束ねて軒端にかけたり,風呂に入れて葉湯にするなど,平安のころから利用されてきた.
日本,中国,インドを含むユーラシア大陸からマレーシア熱帯地域,北アメリカまで広く分布し,各地で薬用に供される.
インドのアーユルヴェーダでは Vacha と称して,腹痛,嘔吐,記憶力低下,知能障害,気管支炎,鼻性頭痛,精神病などに応用される.
本種は産地によって精油成分組成が大きく異なり(植物の染色体数の分化による),インド産は asarone を主成分にする.
肝障害や悪性腫瘍を生じるとして規制している国や禁止している国がある.
更新日2021/09/27