資料館生薬データベース

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
生薬名

入手時名称血藤
正式名称鶏血藤
日本語読みけいけっとう, Keikettō
現地読みJixueteng
ラテン名Spatholobi Caulis (CP), Mucunae Caulis
英語名Suberect Spatholobus Stem (CP), Mucuna Stem
原植物名Spatholobus spp.
原植物科名Leguminosae, マメ科
薬用部位分類植物性生薬
細分類
入手先情報台湾, 三地門郷, 集荷品
入手年月日1974/12/12
TMPW No238

首都、省都または行政区域代表地点(都道府県庁所在地など)を表示しています。  
産地情報
https://ethmed.toyama-wakan.net/img/pin_san.png
22.8133088
120.68900550000001
入手先情報
台湾,三地門郷
https://ethmed.toyama-wakan.net/img/pin_nyu.png

学術情報データベース

一般生薬名鶏血藤, Jixueteng, Spatholobi Caulis (CP2020), Mucunae Caulis, Suberect Spatholobus Stem (CP2020), Mucuna Stem
生薬画像
More
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
原植物名Spatholobus suberectus Dunn1, Mucuna birdwoodiana Tutcher2, ミツカトウ1, シロバナユマトウ2
原植物画像
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
原植物科名Leguminosae, マメ科
薬用部位
公定書薬典(2020)
臨床応用補血,強壮,鎮痛薬として,月経不調,腰膝の疼痛,リウマチ,手足の麻痺などに応用する.
医学体系中国医学
伝統医学的薬効分類活血去瘀薬
薬効[性味] 苦、甘,温.
[帰経] 肝、腎経.
[効能] 活血補血,調経止痛,舒筋活絡.
[主治] 月経不調,痛経,経閉,風湿痺痛,麻木瘫痪(しびれと麻痺),血虚萎黄に用いる.
成分情報リグナンとネオリグナン Lignans & Neolignans
Kadsura heteroclita (*C1):
Kadsurin, Interiorin, Heteroclitin A, Heteroclitin B, Heteroclitin C, Heteroclitin D, Heteroclitin E

その他 Others
Milletia dielsiana (*C1):
Milletol

成分 構造式



※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
薬理作用未詳.鶏血藤のブドウ状球菌に対し抑制作用があるという報告があるが,この実験に用いられた鶏血藤の原植物はニシキギ科/Celastraceae の Tripterygium wilfordii Hook.fil. (クロズル属) であった.Kadsura heteroclita の EtOH エキスに抗酸化作用が認められ,肝臓中の SOD などの抗酸化酵素系の活性化作用がある.
証類本草(中国古典)※画像をクリックすると本文の画像が表示されます
適応症月経不順, リウマチ, 麻痺
方剤希有処方に配合
参考文献CP2020: 中華人民共和国薬典 (2020年版) .
C1)和漢薬百科図鑑 Vol. Ⅱ, pp 170-172.
備考広東,広西の一部の地区では,マメ科の Millettia nitida Benth. の茎を鶏血藤,血節藤,血藤,血筋藤などと称する.また江西省の豊城,雲南省鳳慶,四川省などに産する鶏血藤は Millettia dielsiana Harms の茎であり,豊城鶏血藤(江西),貫腸血藤(四川)とも称する.その他鶏血藤と称する商品は非常に種類が多い.
江西,陜西,河北,山東,山西,内蒙古,東北諸省などでは 血藤科/Sargentodoxaceae の Sargentodoxa cuneata (Oliv.) Rehd. et Wils. (= Holboellia cuneata Oliv.) 大血藤の茎を「鶏血藤」として用いる場合があるが,このものは元来大血藤,紅藤,活血藤,大活血,花血藤,血藤,血木通などと称するもので,混用すべきものではない.
更新日2021/09/28