資料館生薬データベース

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
生薬名

入手時名称アカメガシワ
正式名称赤芽柏
日本語読みあかめがしわ, Akamegashiwa
現地読みAkamegashiwa
ラテン名Malloti Cortex (JP)
英語名Mallotus Bark (JP)
原植物名Mallotus japonicus Muell.- Arg., アカメガシワ
原植物科名Euphorbiaceae, トウダイグサ科
薬用部位分類植物性生薬
細分類樹皮
入手先情報日本, 大阪府, ㈱栃本天海堂
入手年月日2007/5/15
蒐集者小松かつ子
TMPW No25363

首都、省都または行政区域代表地点(都道府県庁所在地など)を表示しています。  
産地情報
https://ethmed.toyama-wakan.net/img/pin_san.png
34.6937378
135.50216509999996
入手先情報
日本,大阪府
https://ethmed.toyama-wakan.net/img/pin_nyu.png

学術情報データベース

一般生薬名アカメガシワ(赤芽柏,将軍木皮), Akamegashiwa, Malloti Cortex (JP18), Mallotus Bark (JP18)
生薬画像
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
原植物名Mallotus japonica Mueller Argoviensis, アカメガシワ
原植物画像
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
原植物科名Euphorbiaceae, トウダイグサ科
薬用部位樹皮
公定書日局18
臨床応用抗潰瘍薬として,胃潰瘍,十二指腸潰瘍,胃腸疾患,胆石症などに応用される.
医学体系民間療法
成分情報強心配糖体 Cardiac glycosides
(*C1):
[種子/seed] Corotoxigenin, Mallogenin, Coroglaucigenin, Panogeninの3-O-alpha-L-Rhamnopyranosideと3-O-beta-D-Glucopyranosyl-(1→4)-alpha-L-Rhamnopyranoside, Corotoxigenin beta-D-glucopyranosyl-(1→6)-beta-D-glucopyranosyl-(1→4)-alpha-L-rhamnopyranoside

フラボンとフラボノール Flavones & Flavonols
(*C1):
[樹皮/bark] Rutin

タンニン Tannins
(*C1):
[葉/leaf] Geraniin, Mallotusinic acid, Mallotinic acid

その他の芳香族誘導体 Other aromatic derivatives
(*C1):
[樹皮/bark] Bergenin
(*C2,C3):
[果皮/pericarp] Butyrylmallotochromene, Isobutyrylmallotochromene, Isomallotochromanol, Isomallotolerin

成分 構造式






※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
薬理作用胆汁排泄(樹皮の水エキス:抑制,葉の水エキス:少量で促進,多量で抑制).胃酸分泌抑制(bergenin).
DNA配列AJ275677, AJ275678
適応症胃潰瘍, 十二指腸潰瘍, 大腸ジスキネジア, 胆石症, 胃酸過多
方剤民間薬とされる
同類生薬カマラ:加麻刺・KAMARA(備考参照)
参考文献JP18: 第18改正日本薬局方.
C1)和漢薬百科図鑑 Vol. II, pp 150-153.
C2)J.Nat.Prod.,51,708(1988).
C3)Chem.Pharm.Bull.,38,698(1990).
備考アカメガシワの葉は腫物に外用される.アカメガシワと同属の Mallotus philippinensis Muell.-Arg. の果実の表面の毛および腺毛をカマラ/Kamara といい,条虫駆除薬とする.
更新日2021/09/27