資料館生薬データベース

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
生薬名

入手時名称ソボク
正式名称蘇木
日本語読みそぼく, Soboku
現地読みSumu
ラテン名Sappan Lignum (JP), (CP)
英語名Sappan Wood (JP), (CP)
原植物名Caesalpinia sappan L.
原植物科名Leguminosae, マメ科
薬用部位分類植物性生薬
細分類心材
入手先情報日本, 大阪府, ㈱栃本天海堂
入手年月日2007/5/15
蒐集者小松かつ子
TMPW No25475

首都、省都または行政区域代表地点(都道府県庁所在地など)を表示しています。  
産地情報
https://ethmed.toyama-wakan.net/img/pin_san.png
34.6937378
135.50216509999996
入手先情報
日本,大阪府
https://ethmed.toyama-wakan.net/img/pin_nyu.png

学術情報データベース

一般生薬名蘇木, Sumu, Sappan Lignum (JP18, CP2020), Sappan Wood (JP18, CP2020)
生薬異名蘇方木
生薬画像
More
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
原植物名Caesalpinia sappan Linn., スオウ
原植物画像
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
原植物科名Leguminosae, マメ科
薬用部位心材
選品外皮は白色であるが,内部の木心はなるべく深紅色をしているものが良いとされる(NI).
公定書局外(1989), 日局18, 薬典(2020)
臨床応用駆瘀血,通経,鎮痛,抗炎症薬として,産後悪阻,閉経,腹痛,月経不調,癰痛,打撲傷などに用いる.染料としての用途が多い.
医学体系中国医学
伝統医学的薬効分類活血去瘀薬
薬効[性味] 甘、鹹,平.
[帰経] 心、肝、脾経.
[効能] 活血去痕,消腫止痛.
[主治] 跌打損傷,骨折筋傷,瘀滞腫痛,経閉痛経,産後瘀阻,胸腹刺痛,癰疽腫痛に用いる.
成分情報モノテルペノイド Monoterpenoids
(*C1):
d-alpha-Phellandrene

ネオフラバノイドとホモイソフラボノイド Neoflavanoids & Homoisoflavonoids
(*C1):
Brasilin, Brasilein

成分 構造式

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
薬理作用嘔吐,瀉下,催眠(大量で麻酔).中枢抑制.抗菌(ジフテリア菌,肝炎双球菌,パラチフス菌,痢疾杵菌,黄色ブドウ球菌など).
DNA配列U74190
証類本草(中国古典)※画像をクリックすると本文の画像が表示されます
適応症月経痛, 無月経, 産後瘀阻, 打撲外傷による腫脹・疼痛, 蕁麻疹, 掻痒, 中風, 破傷風
方剤黄連消毒飲, 活血散瘀湯, 通導散, 当帰鬚散
広恵済急方(日本古典) 

Tips!

9. 産後急証: 産後に関する急病
└ 9-1. 血暈
: 血の道症
 └ 血逆昏暈: 産後惡露(おりもの)下ること少して、胸腹脹痛み、或は一時昏暈(くらみめまい)、血壅(ふさがり)、痰盛に悪血心に上衝(つきあげ)、或は面赤色澤(おもてあかくいろつや)あり、口噤(くちつぐみ)、頭仰(かしらあおぎ)、頸直(えりすぐ)に人事を知ざるは、血逆昏暈なり 
【用法】麒麟血没薬、二味一匁ずつ末となし、童便と酒と半分まぜにして温め右の末薬を用ゆべし、紅花の末又は蘇木の末前のことくして飲みてよし <下巻77丁>
関連情報新訂和漢薬
同類生薬Patanga (Ayurveda), ブラジル木 Fernambuci Lignum
参考文献JP18: 第18改正日本薬局方.
CP2020: 中華人民共和国薬典 (2020年版) .
C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. II, pp 184-186.
L1) 官準 広恵済急方
L2) 近世歴史資料集成第2期 (第9巻) 民間治療(2)
L3) 新訂 和漢薬
備考蘇木は古来,絳(あか)色染料に用いられた.ブラジル木(Fernambuci Lignum, Brasil Wood)は南米に産する Caesalpinia echinata Lamarck の心材で,蘇木(スオウの心材)と同様に黄色色素のbrasilin(酸化されてbrasilein紅色になる)を含む.
更新日2021/09/27