資料館生薬データベース

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
生薬名

入手時名称淡全蝎
正式名称全蝎
日本語読みぜんかつ, Zenkatsu
現地読みDanquanxie
ラテン名Scorpio (CP)
英語名Scorpion (CP)
原植物名Buthus martensii Karsch, キョクトウサソリ
原植物科名Buthidae, トクササソリ科
薬用部位分類動物性生薬
細分類その他
TMPW No2795

学術情報データベース

一般生薬名全蝎, Quanxie, Scorpio (CP2020), Scorpion (CP2020)
生薬画像
More
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
原植物名Buthus martensii Karsch, キョクトウサソリ
原植物画像
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
原植物科名Buthidae, トクササソリ科
薬用部位全乾燥体
公定書薬典(2020)
臨床応用鎮痙薬として,ひきつけ,破傷風などに用い,また鎮痛薬として,関節痛,筋肉痛,頭痛,瘡腫に応用する.このほか,解毒散結の効があるので,瘡瘍腫痛に用いる.
医学体系中国医学
伝統医学的薬効分類平肝熄風薬
薬効[性味] 辛,平;有毒.
[帰経] 肝経.
[効能] 息風鎮痙,通絡止痛,攻毒散結.
[主治] 肝風内動,痙攣抽搐,小児驚風,中風口喎,半身不随,破傷風,風湿頑痹,偏正頭痛,瘡瘍,瘰癧に用いる.
成分情報脂肪酸 Fatty acids
(*C1):
Stearic acid, Palmitic acid, Lecithin

ステロール Sterols
(*C1):
Cholesterol

胆汁酸、胆汁アルコール Bile acid, Bile alcohol
(*C1):
Taurine

アミノ酸 Amino acids
(*C1):
Betaine

簡単な含窒素化合物 Simple nitrogen containing compounds
(*C1):
Trimethylamine, Hydroxylamine

その他 Others
(*C1):
Buthotoxin

薬理作用痙攣抑制作用.血管運動中枢抑制作用.鎮静作用.
適応症ひきつけ, 破傷風, 関節痛, 筋肉痛, 頭痛, 痙攣, 中風, 半身不随
方剤希有処方に配合
参考文献CP2020: 中華人民共和国薬典 (2020年版) .
C1)和漢薬百科図鑑 Vol. Ⅱ, pp 259-261.
備考本動物は中国全土に分布するが,長江以北に特に多く,北京までの華北ではごく普通に見られる種である.強大な毒刺を具えるが,その刺傷は致命的ではない.本品は有毒であるから,用量が多すぎないよう,注意すべきである.
更新日2021/09/28