資料館生薬データベース

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
生薬名

入手時名称膠飴
正式名称膠飴
日本語読みこうい, Kōi
現地読みKōi
ラテン名Koi (JP)
英語名Koi (JP)
原植物名備考参照 / See REMAKS
薬用部位分類植物性生薬
細分類その他
入手先情報日本, 大阪府, ㈱栃本天海堂
入手年月日2014/07/00
備考膠飴は,トウモロコシ Zea mays Linn. (イネ科),キャッサバ Manihot esculenta Crantz (トウダイグサ科),ジャガイモ Solanum tuberosum Linn. (ナス科),サツマイモ Ipomoea batatas Poiret (ヒルガオ科),若しくは イネOryza sativa Linn. (イネ科) のデンプン又はイネの種皮を除いた種子を加水分解し,糖化したものである.
<製造番号: 091813001>
TMPW No28081

首都、省都または行政区域代表地点(都道府県庁所在地など)を表示しています。  
産地情報
https://ethmed.toyama-wakan.net/img/pin_san.png
34.6937378
135.50216509999996
入手先情報
日本,大阪府
https://ethmed.toyama-wakan.net/img/pin_nyu.png

学術情報データベース

一般生薬名膠飴, Jiaoyi, Koi (JP18), Koi (JP18)
生薬異名飴糖
原植物名トウモロコシ、キャッサバ、ジャガイモ、サツマイモ若しくはイネのでんぷん又はイネの種皮を除いた種子を加水分解し、糖化したもの。 備考参照 / See REMAKS, 粳米,糯米,大麦,小麦,粟
原植物科名Gramineae, イネ科
薬用部位種子を発酵させて作った飴
公定書日局18
臨床応用滋養,緩和,鎮痛薬として,急迫症状に応用する.作用は甘草に類似するが,甘草は各証に通用し,膠飴は陰虚証に用いる.
医学体系中国医学
伝統医学的薬効分類補養薬
薬効補中緩痛,潤肺止咳.
成分情報単糖類 Monosaccharides
Glucose, Fructose

少糖類 Oligosaccharides
Maltose, Sucrose

多糖類 Polysaccharides
Amylose, Amylopectin

薬理作用滋養強壮,健胃作用.
証類本草(中国古典)※画像をクリックすると本文の画像が表示されます
適応症腹が冷えて痛む, 乾咳, 呼吸困難, 無痰
方剤黄耆建中湯, 小建中湯, 大建中湯, 帰耆建中湯, 中建中湯, 当帰建中湯
参考文献JP18: 第18改正日本薬局方.
備考膠飴は,トウモロコシ Zea mays Linn. (イネ科),キャッサバ Manihot esculenta Crantz (トウダイグサ科),ジャガイモ Solanum tuberosum Linn. (ナス科),サツマイモ Ipomoea batatas Poiret (ヒルガオ科),若しくは イネOryza sativa Linn. (イネ科) のデンプン又はイネの種皮を除いた種子を加水分解し,糖化したもの.
更新日2021/09/27