資料館生薬データベース

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
生薬名

入手時名称天葵子
正式名称天葵子
日本語読みてんきし, Tenkishi
現地読みTiankuizi
ラテン名Semiaquilegiae Radix (CP)
英語名Muskroot-like Semiaquilegia Root (CP)
原植物名Semiaquilegia adoxoides (DC.) Makino, ヒメウズ
原植物科名Ranunculaceae, キンポウゲ科
薬用部位分類植物性生薬
細分類
入手先情報中華人民共和国, 北京, 松本氏
入手年月日1977/12/10
TMPW No281

首都、省都または行政区域代表地点(都道府県庁所在地など)を表示しています。  
産地情報
https://ethmed.toyama-wakan.net/img/pin_san.png
39.90419989999999
116.40739630000007
入手先情報
中華人民共和国,北京
https://ethmed.toyama-wakan.net/img/pin_nyu.png

学術情報データベース

一般生薬名天葵子, Tiankuizi, Semiaquilegiae Radix (CP2020), Muskroot-like Semiaquilegia Root (CP2020)
生薬画像
More
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
原植物名Semiaquilegia adoxoides (DC.) Makino, ヒメウズ
原植物科名Ranunculaceae, キンポウゲ科
薬用部位
公定書薬典(2020)
臨床応用利水,解毒薬として,皮膚干燥,小便不利,淋病,癰腫,瘰癧などに応用する.
医学体系中国医学
伝統医学的薬効分類清熱解毒薬
薬効[性味] 甘、苦,寒.
[帰経] 肝、胃経.
[効能] 清熱解毒,消腫散結.
[主治] 癰腫疔瘡,乳癰,瘰癧,蛇虫咬傷に用いる.
成分情報未詳 unknown


薬理作用未詳.
適応症小便不利, 淋疾, 毒蛇咬傷
方剤通常, 方剤としない
参考文献CP2020: 中華人民共和国薬典 (2020年版) .
C1)和漢薬百科図鑑 Vol. I, pp 34-35.
備考現在,香港市場にある「紫背天葵」あるいは「青天葵」と称するものはラン科/Orchidaceae の Nervila fordii (Hce.) Schltr. の葉部で,広東,広西壮族自治区に産し,去痰,鍖咳,解毒薬にしている.
更新日2022/01/21