資料館生薬データベース

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
生薬名

入手時名称菊花
正式名称菊花
日本語読みきくか, Kikuka, きっか, Kikka
現地読みJuhua
ラテン名Chrysanthemi Flos (JP), (CP)
英語名Chrysanthemum Flower (JP), (CP)
原植物名Chrysanthemum morifolium Ramat., キク
原植物科名Compositae, キク科
薬用部位分類植物性生薬
細分類
産地情報中華人民共和国, 広東省
入手先情報日本, 大阪府, ㈱栃本天海堂
入手年月日2016/05/23
蒐集者門脇 真
備考2016年拠点事業
TMPW No28837

首都、省都または行政区域代表地点(都道府県庁所在地など)を表示しています。  
23.12911
113.26438499999995
産地情報
中華人民共和国,広東省
https://ethmed.toyama-wakan.net/img/pin_san.png
34.6937378
135.50216509999996
入手先情報
日本,大阪府
https://ethmed.toyama-wakan.net/img/pin_nyu.png

学術情報データベース

一般生薬名菊花, Juhua, Chrysanthemi Flos (JP18) (CP2020), Chrysanthemum Flower (JP18) (CP2020)
生薬異名苦薏, 甘菊, 白菊花
生薬画像
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
原植物名Chrysanthemum indicum Linn.1 or Chrysanthemum morifolium Ramatulle2, シマカンギク1 または キク2
原植物画像
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
原植物科名Compositae, キク科
薬用部位頭状花
選品黄色多瓣の極新しい嵩の高いものが良いとされる(NI).
公定書局外(1989), 日局18, 薬典(2020)
臨床応用解熱,解毒,鎮痛,消炎薬として,感冒,発熱,悪寒,頭痛,目赤腫痛,頭暈,腫癰などに応用する.また,動脈硬化,高コレステロール症などに金銀花を配して応用する.茶剤にもする.
医学体系中国医学
伝統医学的薬効分類辛涼解表薬
薬効[性味] 苦、辛,微寒.
[帰経] 肝、心経.
[効能] 瀉火平肝.
[主治] 疔瘡癰腫,目赤腫痛,頭痛眩暈に用いる.
成分情報脂肪酸 Fatty acids
C. morifolium (*C1):
Acetic acid, Propionic acid

単糖類 Monosaccharides
C. morifolium (*C1):
花/flower: Fructose, Glucose, Arabinose, Galactose, Rhamnose, Ribose

少糖類 Oligosaccharides
C. morifolium (*C1):
Sucrose (花/flower)

モノテルペノイド Monoterpenoids
C. morifolium (*C1):
2,2,4-Trimethyl-3-cyclohexene-1-carboxylic acid (花/flower), Borneol, Bornyl acetate, Camphor, α-Thujione

フラボンとフラボノール Flavones & Flavonols
C. morifolium (*C1):
Apigeninglucoside (花/flower)

その他の芳香族誘導体 Other aromatic derivatives
C. morifolium (*C1):
Benzoic acid, Benzaldehyde, Anisaldehyde

簡単な含窒素化合物 Simple nitrogen containing compounds
C. morifolium (*C1):
Adenine, Choline (花/flower)

未詳 unknown
C. morifolium (*C1):
Acacetin-7-rhamnoglucoside (花/flower), Stachydrine, Chrysanthenone

成分 構造式

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
薬理作用弱い体温降下(大量で循環器系障害).毛細血管抵抗性増強.抗菌(抗菊花:各種皮膚真菌).
DNA配列AF218883, L13648
証類本草(中国古典)※画像をクリックすると本文の画像が表示されます  訳文画像を表示
適応症発熱, 頭痛, 咳嗽, 咽痛, 目の充血, 目がかすむ, 視力減退, めまい, ふらつき
方剤清上蠲痛湯, 釣藤散, 滋腎明目湯(腎気明目湯), 洗肝明目湯, 腎気明目湯, 蔓荊子散, 明眼一方, 杞菊地黄丸
広恵済急方(日本古典) 

Tips!

1. 卒倒の類: 人俄に倒れる病の類
└ 1-11. 疔毒昏憒
: 疔の毒により気を失う
疔瘡: 疔瘡の状(かたち)初発(しょはつ)は僅に粟粒許(ばかり)の小瘡にして痛みなし、或は衣類其外何物にても物に触て、忽(たちまち)痛みを発するあり、或は惟微(ただすこし)痒を覺るに就(つき)て、抓破(かきやぶる)とひとしく、忽疼痛を発するあり、然しながら尋常(よのつね)の小瘡に比れば、四畔(ぐるり)の埃核(しこり)強し、紫色を帯、其邉(そのへん)麻(しび)れ、痛も常の小瘡と自異なり、其上悪寒、発熱、四肢沈重、心悸(むねわくつき)、頭疼(ずつう)、頭眩(めまい)等の証あり、此証種々の變態(へんたい)定りなし、疔の生する所も亦定なし、頭面耳鼻口目の邉并手足骨節の間、惣て肉薄き所生ずるものなり、急に理療せざれば、毒気内攻して死に至るなり 
【用法】園庭に栽ある菊花もし花なきときは茎葉または根にても搗き、絞り汁を温酒にまぜて飲むべし、其の渣を鍼孔の邊に貼てよし <上巻52丁>

2. 卒暴諸証: 突然発症する病
└ 2-18. 小便急閉
: 排尿困難、閉尿となり下腹が満ちる
【疾患注釈】小便俄に閉じて通ぜず、小腹堅満悶(しがはらかたくみちもだへ)亂者(さわぐもの)あり 
【用法】白菊根搗汁を生酒に冲和(さしまぜ)、温(あたたかめ)服す <中巻46丁>
関連情報新訂和漢薬
参考文献JP18: 第18改正日本薬局方.
CP2020: 中華人民共和国薬典 (2020年版) .
C1) 和漢薬百科図鑑 Vol. II, pp 122-125.
L1) 官準 広恵済急方.
L2) 近世歴史資料集成第2期 (第9巻) 民間治療(2).
L3) 新訂 和漢薬.
備考「白菊花」,「甘菊」など多くの名称がある.
更新日2021/09/28