資料館生薬データベース

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
生薬名

入手時名称蔓荊子
正式名称蔓荊子, 蔓荆子
日本語読みまんけいし, Mankeishi
現地読みManjingzi
ラテン名Viticis Fructus (JP), (CP)
英語名Shrub Chaste Tree Fruit (JP), Shrub Chastetree Fruit (CP)
原植物名Vitex rotundifolia L. f.1 or Vitex trifolia L.2, ハマゴウ1 or ミツバハマゴウ2
原植物科名Verbenaceae, クマツヅラ科
薬用部位分類植物性生薬
細分類果実
産地情報中華人民共和国, 広西壮族自治区
入手先情報日本, 大阪府, ㈱栃本天海堂
入手年月日2019/07/01
蒐集者小松かつ子
TMPW No30513

首都、省都または行政区域代表地点(都道府県庁所在地など)を表示しています。  
22.817002
108.36654299999998
産地情報
中華人民共和国,広西壮族自治区
https://ethmed.toyama-wakan.net/img/pin_san.png
34.6937378
135.50216509999996
入手先情報
日本,大阪府
https://ethmed.toyama-wakan.net/img/pin_nyu.png

学術情報データベース

一般生薬名蔓荊子, Manjingzi, Viticis Fructus (Non-JPS2018, CP2015), Shrub Chaste Tree Fruit (Non-JPS2018), Shrub Chastetree Fruit (CP2015)
生薬異名萬荊子, 萬京子, 万京子, 京子, 万金子
生薬画像
More
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
原植物名Vitex rotundifolia L. f. (V. trifolia L. var. simplicifolia Cham.)1 or Vitex trifolia L.2, ハマゴウ1 or ミツバハマゴウ2
原植物画像
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
原植物科名Verbenaceae, クマツヅラ科
薬用部位成熟果実
選品大粒で新しいものが良いとされる(NI).
公定書局外(2018), 薬典(2015)
臨床応用鎮静,鎮痛,消炎薬として,頭痛,感冒,関節痛などに応用する.民間的に浴湯料とする.
医学体系中国医学
伝統医学的薬効分類辛涼解表薬
薬効[性味] 辛、苦,微寒.
[帰経] 膀胱、肝、胃経.
[効能] 疏散風熱,清利頭目.
[主治] 風熱感冒頭痛,歯齦腫痛,目赤多泪,目暗不明,頭暈目眩に用いる.
成分情報モノテルペノイド Monoterpenoids
(*C1):
alpha-Pinene, Camphene, Terpineol acetylester

ジテルペノイド Diterpenoids
(*C1):
Diterpene alcohol

ビタミンA誘導体(レチノイド) Vitamin A derivatives (Retinoids)
(*C1):
Vitamin A

フラボンとフラボノール Flavones & Flavonols
(*C1):
Vitexicarpin

アルカロイド Alkaloids
(*C1):
Vitricine

成分 構造式

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
薬理作用鎮静,鎮痛作用.
DNA配列U78716
証類本草(中国古典)※画像をクリックすると本文の画像が表示されます
適応症感冒, 頭痛, めまい, 目の充血, 眼痛, 歯齦の腫脹疼痛, 関節の腫脹・疼痛, 筋肉のひきつり
方剤滋腎明目湯(腎気明目湯), 清上蠲痛湯, 洗肝明目湯, 蔓荊子散, 駆風触痛湯, 助陽和血湯, 腎気明目湯
参考文献C1)和漢薬百科図鑑 Vol. I, pp 314-315.
更新日2020/05/13