資料館生薬データベース

※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
生薬名

入手時名称蔓参
正式名称蔓参
日本語読みまんじん, Manjin
現地読みMansam
ラテン名Codonopsis Radix
英語名Codonopsis Root
原植物名Codonopsis pilosula (Franch.) Nannf., ヒカゲノツルニンジン
原植物科名Campanulaceae, キキョウ科
薬用部位分類植物性生薬
細分類
入手先情報大韓民国(韓国), 大邱, 第一漢薬房
入手年月日1973/09/00
蒐集者難波恒雄
同定者岩井正憲
備考1)生薬,46(2),156-164(1992).
2)生薬,46(2),165-173(1992).
TMPW No64

首都、省都または行政区域代表地点(都道府県庁所在地など)を表示しています。  
産地情報
https://ethmed.toyama-wakan.net/img/pin_san.png
35.8714354
128.601445
入手先情報
大韓民国(韓国),大邱
https://ethmed.toyama-wakan.net/img/pin_nyu.png

学術情報データベース

一般生薬名蔓参, Manshen, Codonopsis Radix, Codonopsis Root
生薬異名党参
生薬画像
More
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
原植物名Codonopsis pilosula (Franch.) Nannf.1, (Codonopsis lanceolata Trautv.) (*B1), ヒカゲツルニンジン1, (ツルニンジン)
原植物画像
※画像をクリックすると、拡大して表示されます。
原植物科名Campanulaceae, キキョウ科
薬用部位
臨床応用補薬,去痰薬として用いる.
医学体系民間療法
DNA配列AF107584, AF134860, AF183445, AF183446; 伝統医薬データベース.
適応症倦怠感, 咳嗽, 喀痰
方剤民間薬とされる
同類生薬党参
参考文献B1) 生薬,46,156(1992);46,165(1992).
備考Codonopsis pilosula ヒカゲツルニンジンの根は中国において「党参」の名で繁用される.しかし韓国にはこの名称の生薬はなく,代わって「蔓参」の名で民間的に使用されていた.「蔓参」市場品中にC. lanceolata Trautv. ツルニンジンの根が見られたが,これは韓国産「沙参」の原植物である(中国産沙参はAdenophora属植物).C. lanceolata の根は中国で「羊乳」と称し,補血催乳,養陰潤肺,清熱解毒,消腫排膿薬にされる.
更新日2021/09/27