*民族薬物データベースには、民族薬物資料館に保管されている生薬の標本情報及び 学術情報が収録されています。
*ユナニー生薬、タイ生薬、アーユルヴェーダ生薬及びインドネシア生薬データベースの情報は英語表記です。



公開生薬

  種類 点数 言語 公開開始 公開生薬
和漢薬 455 5186 日本語 2000年4月 List
238 3584 英 語 2005年7月 List
ユナニー生薬 320 665 英 語 2009年3月 List
タイ生薬 411 668 英 語 2009年3月 List
アーユルヴェーダ生薬 479 2007 英 語 2017年3月 List
インドネシア(ジャムー)生薬 199 635 英 語 2017年3月 List
最終更新:
2018年3月30日:
DBシステムを再構築し、刷新しました(Ver.7)。学術情報に、日本の古典籍(18世紀出版の『広恵済急方』)に記載されている救急療法を追加しました。
2017年3月:
アーユルヴェーダ生薬データベースとインドネシア生薬データベースを追加収載しました(ただし、英語表記です)。

*このデータベースの一部は,日本学術振興会科学研究費補助金「研究成果公開促進費」 (平成11年度-13年度)により作成されたものです。

<注意事項>
  • このデータベースの内容は無料でご覧になれます。ただし、参考としてご覧いただき、病気のある方は必ず医師にご相談ください。
  • 内容並びに画像の転用はできません。
  • 民族薬物データベースの著作権は富山大学和漢医薬学総合研究所民族薬物データベース作成委員会にあります。